推しを観ながら飲む酒は美味い

若手俳優を追っかけてる三十路

推しのイベントに行って来た話

 

を、書こうと思ったけど、推しファンの悪口しか出てこなかったからやめた。

 

推しのイベントに参加するたびに、ここは動物園か?って思うぐらい個性的な人が多くて、推しはこんなにイケメンなのになぁ、可哀想だなぁ、って同情してる。

整形しろとは思わないけど、せめてそのだらしない体型をどうにかしたり、ボコボコのお肌を整えるためにファンデーションを塗ったり、ボサボサの髪の毛にトリートメントぐらいしてからイベント来てあげなよ、と思った。

そんな個性豊かな人たちが集まるイベントを私は動物園と呼んでいる。

 

だけど、動物園のおかげですこしは自分がまともに見えるかなーと腹黒いことを思っているので、上記のようなことを思いつつも、動物園は変わらず動物園のままでいて欲しいww